Exhibition
土壌モノリス展示
 2021年日本土壌肥料学会北海道大会におきまして、第9部門主催により「土壌教育の国際ガイドラインの理念と内容はこれだ!~持続可能な社会の創り手の育成に向けて~」と題しましてシンポジウムを実施しました。
 その中で、土を自分事として理解するには、Perception-Sensitization(文化環境の中に身を置き、土を見たり、触れたりする等の体験から得られる感受)の重要性が認識されました。
 そこで、東京大会におきまして、土の感受の1つの取組として「土壌モノリス展示」を下記の要領で企画しました。
 皆様のご参加をお待ちしています。
◇ 日時
2022年9月13日(火)~15日(木)[3日間]
◇ 開館時間
9:30〜16:30
◇ 内容
「日本の代表的な土壌モノリス」の展示と解説
◇ 対象
日本土壌肥料学会会員、一般市民
◇ 企画・運営
土壌モノリス展示運営委員会
平井英明(宇都宮大)、森圭子(埼玉県立川の博物館)、藤間充(山口大学)、浅野眞希(筑波大)、赤羽幾子(農研機構)、若林正吉(農研機構)、浅野陽樹(鹿児島大)
◇ 問合せ
新型コロナウイルス感染症のまん延状況などにより計画の変更等がある場合には、学会Webサイト等でお示しして参りますので、ご承知おきください。